180021 [トップに戻る]
アイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie´s Bar」の掲示板。ゆっくり呑んでいってください。

ネタは自由です♪ ツリー表示・スレッド表示お好みで切り替えて下さい。

「BBS of the BEAST」はアイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie's Bar」の掲示板です。
絵文字対応   携帯端末対応 [掲示板アドレスを携帯に送信]
[リストに戻] [新規投稿] [スレッド表示 ] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ツリー全体一括表示

【Stand Up And Shout !!】 wickerman :2010/05/19(Wed) 23:55 [No;1862]

   Stand Up And Shout !!No.1862   投稿者:wickerman  
投稿日:2010/05/19(Wed) 23:55  
あまりにも、悲しいニュースが入ってきてしまいました。
RAINBOW、BLACK SABBTH、HEAVEN AND HELL 、そして勿論DIOで活躍してきたロック・ヴォーカリストのモンスター、ロニー・ジェイムズ・ディオが逝ってしまいました。
今、「HOLY DIVER」アルバムを聴きながら書いています。

衝撃的な、ロニーの「胃ガン」との闘病発表はありましたが、経過は順調、夏にはツアーやフェスへの出演もありそうだったため、寝耳に水のニュースでした。

---ここから、ヤフーニュース

レインボーのギタリスト、リッチー・ブラックモアは、「ロニーはユニークで素晴らしい声を持っていた。ロックンロールの世界は彼の死を深い悲しみをもって惜しむことになるだろう」とのコメントを発表。

ブラック・サバスで活動を共にしたトニー・アイオミ(G)は、「昨日、5月16日朝、俺の大事な、大事な友人ロニー・ジェイムズ・ディオが亡くなった。本当にショックだ。彼が行っちまったなんて信じられない。ロニーはまれに見るいい奴だった。俺たち、一緒に素晴らしい時間を過ごしたよ」「彼の横でプレイできたことを本当に誇りに思ってる。彼の音楽は永遠に生き続けるだろう」とその死を偲んだ。

ディオの脱退後、レインボーに加入したグラハム・ボネットは「いい友達であり、レインボーでプレイすることに懐疑的だったとき道筋を描いてくれたことを感謝したい」「ありがとう、ロン!」「ロニーは1人だけだ」との声明を発表。

また、11歳のときディオのパフォーマンスを見て衝撃を受けたというメタリカのラーズ・ウルリッヒ(Dr)は、ディオへのオープン・レターという形でこう追悼している。「1975年、ディープ・パープルのオープニングでエルフにいたあなたを初めて見たとき、そのボーカル、存在感、自信に圧倒された」「ロニー、あなたの声は俺に衝撃と力を与えた。あなたの音楽は俺にひらめきと影響を与えた。あなたの優しさは俺に感動を与えた。ありがとう」

キッスは4人連名で「パワフルで才能豊かなヴォーカルを持っていただけでなく、彼は本物の紳士だった。俺たちやまわりの人間につねに思いやりと友情を持ち接してくれた。寂しくなる」との声明を発表している。

また、UKのメタル・フェスティヴァル<Download>は、ディオを哀悼し、2010年の2ndステージを“Ronnie James Dio Stage”と名付けると発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100518-00000149-bark-musi
---ここまで

2005年でしたかね、ZEPP名古屋で見たDIOのライヴ。
これが、僕の唯一のロニー・ジェイムズ・ディオ体験となってしまいました。

コージー・パウエルの死もかなりのショックでしたが、これで本当に第1期レインボーの再結成(正確にはロニーの歌うレインボーとなりますけど)は本当に幻となってしまいました。
特に、ヴォーカリストの死というのは、「あの声が聴けない」という意味で楽器プレイヤーとは違った哀しみがあります。
(フィル・ライノットの死んだときを思い出した…。)

あの声も、メロイックサインももう見られないとは(涙)。


   We Rock !!!No.1862 >>No.1863   bodecia  
- 2010/05/22(Sat) 21:50
私もそのニュースを聞いてショックを受けたひとりです。未だに信じられず「うそっ・・・冗談でしょ!」っていう気持ちです。
私が洋楽を聴くきっかけとなったアルバムがDeep PurpleのMachine Headで、後にDeep Purpleを脱退するリッチーを追いかけてRainbowを聴くようになり、ロニーのファンになりました。
今でも、StargazerやKill The Kingがレコードから流れてきた時の衝撃を忘れることはできません。
リッチーとロニーとコージーの3人でRainbowの黄金期を築き、その3人がいればあとはどんなにメンバーチェンジをしてもRainbowの本質は変わらないとまで思ってました。
でも、リッチーがアメリカンマーケット進出のため(イギリスではメジャーだった彼等もアメリカでは売れてなかったのが実情でした)ポップでキャッチーな曲に路線を変更するところからロニーと意見が合わなくなり、彼のRainbow脱退につながります。
その時のインタビューでロニーは「僕は、男や女、愛や恋だのの歌を歌いたくないんだ。それに誰も僕にそんなこと期待してないだろ。」って言ってたのを覚えています。
脱退した時はすごく悲しかったけど、考えてみればロニーにSince You Been GoneやI Surrenderは歌ってほしくないから、それはそれで仕方がなかったことですね。
それからの彼は、Black SabbathからDioへ、そしてHeaven & Hellへと自分の信念を貫き、ロニーたる音楽の様式美を確率していったんです。
でもどんなに言葉を尽くしても彼の成し遂げた偉業の1/10も語ることはできないんですよね・・・
ランディ・ローズやクリフ・バートンのように将来のある人が若くして逝ってしまうのはもちろん辛いことですが、ロニーが生涯かけてやってきた足跡がここで止まってしまうのは、とてもやりきれません。
ロニーは私が一番最初に好きになった尊敬するシンガーでした。

R.I.P Long Live Rock'N'Roll!!

   アイアン・メイデンからの追悼声明No.1862 >>No.1867   wickerman  
- 2010/06/08(Tue) 23:28
bodeciaさん、一番最初に好きになったヴォーカリストの死、さぞやお辛いことでしょう。
ディープ・パープルからの流れでロニーに出会っていれば、彼の素晴らしさも衝撃的だったでしょうね。

僕が中坊のころ、初めて買った音楽雑誌が、出来たばかりのHM専門誌BURRN!でした。
そして、その表紙を飾っていたのが、メロイックサインをきめるロニー・ディオだったんです。
当時まだあまり音楽の知識はありませんでしたが、人気投票でリッチー・ブラックモア、ロニー・ジェイムズ・ディオ、コージー・パウエルが席巻していて、そこから逆算的に

「レインボーってすげえバンドなんだな」

って感じた覚えがあります。
我々ファンも辛いですが、音楽を共にしたミュージシャンやジャーナリストたちはもっと辛いでしょう。
生前から、誰しもが「ロニーの人間性」の素晴らしさを言っていましたからね。


アイアン・メイデンは、公式サイトでバンドメンバーとロッド・スモールウッド名にて、ロニー・ジェイムズ・ディオの追悼コメントを出しています。

英語の表現が難しいので意訳してますが…。
以下、声明の日本語訳です。(細かい表現は違うかもしれません。)


ロニーの胃がんとの闘いが終わってしまったと聞き、我々は大変悲しく思います。
大変なときにあるウェンディ夫人とご家族に、心からお悔やみ申し上げます。
初期のエルフから、ブラック・サバス、ディオ、最近のヘヴン・アンド・ヘルまで、ロニーは何度もフロントマンとしての才能を証明してきました。
そしていつも、彼のファンと音楽のためにすべてを捧げてきました。
彼は信じられないほど才能のある歌手であっただけでなく、素晴らしく温かく、知的で寛大な人物でした。
それは、ステージのオンでもオフでも、彼と接した誰もが感じたポジティブな印象でした。
アイアン・メイデンの長年の友人であり、何年もの間たくさんのショウで共演してきました。
我々は、彼のいなくなったことを大変寂しく思います。

世界はかけがえのない才能と、最良の人間を失ってしまいました。

スティーヴ、ブルース、エイドリアン、デイヴ、ヤニック、ニコ、ロッド
   今日はロニーの命日No.1862 >>No.1946   ぼーでしあ  
- 2011/05/16(Mon) 14:40
命日・・・と書いておいて、まだその事実を受け入れられない自分がいますが。
あれからもう1年なのか、まだ1年なのか・・・

この1年間で何人かのミュージシャンが、病気等で逝去しましたね。
最近では、今年に入って2月にゲイリー・ムーアが死亡したというニュースにショックを受けたのが、記憶に新しいところです。
心筋梗塞が本当であれば、好きなアーティスト達が確実に高齢化(自分も含めて!)してきてるんだなって痛感します。

もし行きたいバンドのコンサートがあったら、とりあえず行っとけ! と思う今日この頃でありますよ。
相手方だけでなく、こっち側に問題がおきる場合がある・・・
ぎっくり腰だとか、五十肩だとか・・・になったらライブ参戦は難しいものがあるなぁ(泣)

の中、好きなバンドのひとつ、SAXONの来日が決定したんだけど、お決まりの東京2days(つか、神奈川)で、大泣き状態!!!
地方者には厳しい現実があるっ!

今日は、DIOのTシャツ着て、CD聴いて過ごします。R.I.P.
   一年!?No.1862 >>No.1947   wickerman  
- 2011/05/16(Mon) 21:54
ぼーでしあさん、そうか、今日はロニーの命日だったんですね…。

そう言われても、正直、あれから一年も経ったという事実自体を実感できない自分がいます。
年月の過ぎるのはどんどん加速しているようです。
この一年でなにやったか、なんて何にも思い出せないのに(笑)。
それも「ライヴは観たいときに観ろ!」ってことなんですかね。
こういう話って、ミュージシャンが亡くなるとか(ディオ、ゲイリー・ムーア)、来日がない(ラッシュ、AC/DCは奇跡的に来たな)とかの要因で言われることが多いけど、なるほど確かに五十肩とか、五十肩とか、五十肩になると厳しいですもんねー。
つか、コブシ振り上げんでいいから、五十肩なら観に行きなさいって!

偶然にも、あなたに借りたゲイリー・ムーアのベストを聴いてるとこでした。
しかも「OUT IN THE FIELDS」のライヴ…。
天国でセッションしててほしいな。
   2年経ちましたNo.1862 >>No.2006   ぼーでしあ  
- 2012/05/16(Wed) 22:01
ウィッカーさん、お久しぶりです!(掲示板ではね・・・)

性懲りもなく、また1年前のを引っ張り出してきてしまいました。
予想はついていたことだけど、やはり1年目より2年目の方が月日の経つのは早く感じられてしまうものなんですね。

先日も、ランディ・ローズが亡くなったのが'82年だったから、もう30年(!!)になるんだぁ・・・って、感慨深くなってしまいました。

ロニーの30周忌には、私はこの世にいるのかしらん??
私の希望は、老人ホームで「メタル・グランマ」としてぶいぶい言わせてることなんすがね(笑)

去年の今、ゲイリー・ムーアが亡くなってびっくりしたことを書いたんですが、今年はマーク・リアリが逝ってしまい、どんどん天国でのセッションの人数が増えていくのに、やるせなさを感じてしまいます。

やはり、行けるライブは行っとけですよね!
SAXONは、東京だろうがどこだろうが行っとけば良かったって、後の祭り・・・
DENIM AND LEATHER再現ライブなんて、もう2度と観られないんだ〜(大泣)

という訳で、有り難いことに今回名古屋飛ばしてくれちゃったRAGE参戦に、大阪行って参りやす!!
とよきんちゃん、土産買ってくるからなぁー(って、伝わるのか!?)

私の今日のTシャツは、DIOでした。
1年前と変わってませんな・・・
   伝わったみたいですNo.1862 >>No.2007   とよきん@NORINEDIAM  
- 2012/05/20(Sun) 09:23
まさか自分の名前が出ているとは思ってまかったので、
少々とまどっております(笑)。

今年に入ってからとよきんピーヴィー化計画が着々と進行してまして、
年内に偽RAGE名古屋上陸を実現できたらと思ってます。
が、現時点では体脂肪率しかコピーできていませんが…。

海外アーティストの名古屋飛ばしはホント何とかしてほしいですね〜。
「脱・名古屋飛ばし」というスローガンを掲げて海外アーティストたちが必ず立ち寄りたくなるような都市にしてください、河村市長!
   早いなあ、としか最近いえないのは老いなのか…。No.1862 >>No.2008   wickerman  
- 2012/05/21(Mon) 22:47
なにいっとりゃーすの、そんなん若い人らがなんとせないかんがね。


と河村市長に言われそうですな。

ロニー、もう2年も経つのですか…。
そーいやB!誌もポスターカレンダーがロニーでした。
言われないと忘れたままなので、記事上げオッケーです。
そして、2年前の記事も簡単にあげられてしまうトラフィックのなさがEddie's Bar(笑)。
逆に言えば、一年前の震災の緊張感もそのまま読めたりするので、ある意味感慨深いときもあります。


お亡くなりといえば、同じロニーでもロニー・モントローズのいたモントローズの2枚のアルバムをちょうど今聴いとります。
モントローズといえば、2曲もアイアン・メイデンにカヴァーされたという、珍しいバンドでもあります。
誰が好きだったんだろ?


モントローズ聴いてると、アメリカンロックもいいなあ〜なんて自然に思えます。
セカンド『PAPER MONEY』収録の曲名が "I Got The Fire"になっていたり(メイデンでの表記は "I've Got The Fire")、増田勇一の解説にメイデンのことがまったく触れられていない、など謎がありますが。笑
(メイデンのカヴァーについては、ファーストアルバムの方で触れられてはいる。)

そして、先週、B!最新号でロニーモントローズの死因が銃による自殺と知り、ハードショックを受けたところでもあります……。



>とよきん
カヴァーはまず、体脂肪から。ってよく言いますもんね。

僕はといえば、RAGEならぬ、「Don't Say "LAZY"」をカヴァーの最中です。


   零時をお知らせしますNo.1862 >>No.2009   とよきん@NORINEDIAM  
- 2012/05/26(Sat) 08:01
>カヴァーはまず、体脂肪から。ってよく言いますもんね。

またテキトーな事を(笑)。

スティーヴ・ハリスになりきるつもりが、いつの間にか
スティーヴ・グリメットへのトリビュート度の方が上回っている今日この頃です。
無論、見た目オンリーでの話です。
名古屋のスティーヴ・グリメットことこの私は、歌がヘタなので
救いようがありません(笑)。

>僕はといえば、RAGEならぬ、「Don't Say "LAZY"」をカヴァーの最中です。

何の曲だと思って調べたら、けいおん!の曲じゃないですか。

OP曲の「Cagayake!GIRLS」をやってくださいよ!

   礼二は弟のほうです。No.1862 >>No.2010   wickerman  
- 2012/05/26(Sat) 23:02
「Cagatake」は難易度高すぎるんだよね〜〜。
「Don't Say "LAZY"」はハードロック調かつコピーしやすい(休符はムズ)のでおすすめです。
そして、「Cagayake」ではなくて「No,Thank You」を今聴き取り中ですわ。笑


名古屋の(見た目)スティーヴ・グリメット!
名古屋の(見た目)メサイア・マーコリンにならないよう祈ります!


スティーヴ・グリメットといえば、ライオンズハートの1stは良かったですねえ。

なんか最近になって、「初来日公演が酷かった」という評判なのを知ったんだけど、当時はライヴ三昧で冷静に観るなんてことをしてなかった若かりしボクは(笑)、「酷かった」なんてまったく思いませんでした。
クアトロの最前列でノリノリだった気が(笑)。
それより、客からのアンコールが結構すごくて、持ち曲なくなったのになんかの曲を2回目の演奏してくれたような記憶があります。
(ブートとかあるんかな?)
サービス精神あるな〜と思いましたよ。

ライヴ後にもなんかサービスしにきてくれて、ウチのCDはメンバーのサインがいっぱいしてもらってあって、ついでにギターピックも2枚入っております。


   流れとは関係なく喰いつきますがNo.1862 >>No.2012   ぶれでたあ   <HOME>
- 2012/05/28(Mon) 00:05
ロニー・モントローズの死因は自殺だったんですね。昨年末にモントローズのCDを買って聴いた数ヵ月後の訃報だったので、ショッキングだったのですが銃自殺となるとなおさら・・・・。
I Got the Fireのギターソロは痺れます。ちょこっと入るブルーノートがいい味出してます。

スティーヴ・グリメットはやっぱりGrim Reaperが良いですね!特にストレートでファストなパワーメタルな2ndアルバムが素晴らしいです。
近年はアイアン・メイデンのトリビュート盤にも参加してらしいですね。NWOBHM期のボーカルでは数少ない本当に上手いボーカルの一人だと思います。
   どうぞ、喰いついてください。No.1862 >>No.2013   wickerman  
- 2012/06/03(Sun) 22:33
居酒屋トークみたいなもんですから。笑

「銃自殺」ってのは、響きもねえ…。
やはり、銃社会は怖いです。
一度社会に広まってしまったら、原発よりなくすのは難しいでしょう。

>グリメット
懐かしくなって「Lionsheart」聴いてみました。
Grim Reaperより、カヴァーデイルのようなセクシーさのあるヴォーカルで素晴らしいです。
ギタリストもがんばってます。

トリビュート盤は「The Maiden Years」っていう(ベタなタイトルの)やつですね。
日本盤も出てて、「2 Minutes」を歌ってます。
このトリビュートは、海外盤でジャケ変え、タイトル変えて、3回か4回くらい再発されてますんで、注意が必要です☆

-- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます --
処理 記事No パスワード


こちらもどうぞ。 ■まったり雑談BBS■ ■Blog New World

-KENT WEB-   EDIT:benri memo