180882 [トップに戻る]
アイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie´s Bar」の掲示板。ゆっくり呑んでいってください。

ネタは自由です♪ ツリー表示・スレッド表示お好みで切り替えて下さい。

「BBS of the BEAST」はアイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie's Bar」の掲示板です。
絵文字対応   携帯端末対応 [掲示板アドレスを携帯に送信]
[リストに戻] [新規投稿] [スレッド表示 ] [トピック表示] [ファイル一覧] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ツリー全体一括表示

【ゲイリームーア、死去】 wickerman :2011/02/07(Mon) 22:11 [No;1895]

   ゲイリームーア、死去No.1895   投稿者:wickerman   <HOME>
投稿日:2011/02/07(Mon) 22:11  
ロックギタリストのゲイリー・ムーアさん死去、58歳
2011年2月7日(月)11:06

(トムソンロイター)
 [ロンドン 6日 ロイター] ロックギタリストで、ジョージ・ハリスンなどの著名アーティストとも共演したゲイリー・ムーアさんが、休暇先のスペインで死去した。58歳だった。

 アイリッシュ・タイムズ紙の電子版によると、ムーアさんは6日早朝、スペイン南部エステポナのホテルで亡くなっているのが見つかった。近くの都市マラガで、検視が予定されているという。

 ムーアさんは、北アイルランドのベルファスト出身。1969年に16歳でダブリンへ移り、バンド「スキッド・ロウ」に参加。その後、「ヤツらは町へ」などのヒット曲で知られるアイルランドのロックバンド「シン・リジィ」に加わった。

 ムーアさんが「シン・リジィ」に加わった際に同バンドを脱退したエリック・ベルさんは英BBC放送の取材に対し、「まだ信じられない。彼は丈夫だったし、ロックの犠牲者ではない健康な男だった。素晴らしいギタリストで、献身的なミュージシャンだった」と語っている。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

また衝撃的な訃報が飛び込んできてしまいました…。
ゲイリー・ムーア死去。

そりゃあ、20年以上もロックきいてりゃ、年々そういうニュースも増えるわけだけど、やはりロック小僧になった青春時代に好きだったアーティストが亡くなるってのは…。
『WILD FRONTIER』をかけながら書いていて、今「The Loner」で胸が締め付けられる想いですわ。

正直、ゲイリーがブルーズに転向してからは「BLUES ALIVE」最後にほとんど新譜は聴かなくなってたんだけど、でもねえ。
昨年、21年ぶりに来日!名古屋公演もあったんだけど、なんで行かなかったかって言うと「次はロックツアーをやるかも?」という、ある意味待望の発言があったからです。
嗚呼、逆にゲイリーが「二度とロックはやらない」と言ってくれていれば、昨年のZEPP NAGOYAに行っていただろうに。

ライヴは見逃したら次はないっていう、当たり前のことを痛烈に感じてしまいました。
分かっていても、なかなか実行できないのが人間だし、全ライヴに足を運ぶわけにも行かないのも現実だし。

3月のアイアン・メイデン、関東のみなので二の足を踏んでいる人は再検討されてはどうでしょうか。
メイデンも大規模ツアーはいよいよ、縮小していくと思います。

リンク先はgooニュースです。

   Re: ゲイリームーア、死去No.1895 >>No.1896   せんちねる  
- 2011/02/08(Tue) 23:58
wickerman様
お久しぶりでございます。

昨年のロニー・ジェイムス・ディオに続いてまたも偉大なミュージシャンの訃報…。しかしロニーは癌を患っているという情報があったのでまだ衝撃は薄かったのですが今回は本当に驚きました。

まだ死因は不明ですがゲイリーってあんまりアルコールやドラッグをやってたイメージがないのでオーバードーズではないような気がしてます、個人的にですが。

先日Y&Tの来日公演でデイヴ・メニケッティの泣きまくりギターに魂を震わされる程の感動を味わい、これに匹敵するギタリストはゲイリーだけだろうと思っていた矢先の訃報に本当に残念な思いです。

Wickermanさんと同じく私も前回の来日公演は「次はHRバンドでツアーする」という話への期待もありパスしたことが痛恨…。
ああ、「パリの散歩道」を一度でいいから生で聴いてみたかった…。天国でフィル・ライノットやロリー・ギャラガーとジャムっていることを祈って合掌…。R.I.P

やはり観れるときに観ておかないと後悔することになるんですね。当然来月のスーパーアリーナは参戦します!

しかしこのところロニーの訃報に始まりSCORPIONSの引退宣言、JUDAS PRIESTのツアー撤退、Y&Tのフィル・ケネモア死去など70〜80年代に活躍したフェイバリットバンド達にまつわる悲しいニュースが多いですよね?

自分がHR/HMを聴き始めてそれなりの年月が経過したことをこうしたニュースで実感させられることになるとは思わなかったのでなんだかせつない今日この頃です。

とはいえ先述したY&TのLIVEは本当に素晴らしかったし、来月のメイデンも期待に違わぬ強力なLIVEを見せてくれるでしょうしまだまだ楽しませてくれるバンドもいますので前向きな考えを捨てずに音楽を楽しんでいきたいと思います。個人的にはACCEPTの単独来日期待!!(昨年のBESTアルバムは彼等の復活作でした)
   Re^2: ゲイリームーア、死去No.1895 >>No.1897   wickerman   <HOME>
- 2011/02/09(Wed) 23:20
せんちねるさん、お久しぶりです。

やはり病気の話題のあったロニーより、衝撃的でしたね…。
DIOの最近のアルバムは全然聴いてなかったけど、DIO来日公演には行っておいて本当に良かったです。

事故で亡くなったスティーヴ・リーやコージー・パウエルも、唐突なニュースでした。
酒井康が「ミュージシャンの訃報を伝えるのが一番辛い」と、訃報の度に添えていますね。
我々ファンよりも近い関係にあるので、当然だと思います。

僕もゲイリーにはクスリのイメージがないので、心臓発作とか心筋梗塞なのかなあ、と思ってます。

やはり、中学・高校で好きになったアーティストには格別な思い入れがありますね。
実は、僕がロック小僧になったばかりの頃、フィル・ライノットの死を知りました。
まだ創刊まもないBURRN!誌の記事を友達が教えてくれたと記憶しています。
授業の合間の時間、友人は「フィルが死んじゃった…」と言いました。
好きになったばかりのアーティストの死は、また違った意味でショックでした。
今頃、天国でBlack Rose をジャムってて欲しいですね!


デイヴ・メニケッティと並ぶのはたしかにゲイリーだけのような気がします。
(ジョン・サイクスがもうちょいマジメに音楽作ってくれてれば……。笑)
アイリッシュな曲やロック小僧な曲も凄いんだけど、「The Loner」や「Messiah Will Come Again」なんか聴くと、ブルーズギタリストとは違った情熱的なプレイであり、ロックギタリストにもあんなにギターを泣かせられる人はいない、と感じます。

スコーピオンズやジューダス・プリーストのニュースなど寂しいニュースが多いですが、アイアン・メイデンも近い将来はそうなるでしょう。
まー、あさって始まるメイデンのツアーを観たら、引退の「い」の字もっぶっとぶでしょうけど!!!

寂しいニュースとは逆に、リジー・ボーデンとか懐かしどころが来日してるんですよね!?
アーティスト世代は少し若いとはいえ、80年代のバンド。
アクセプトやリジー・ボーデンなんかは名古屋公演あったら観たいのに〜〜。

脱線気味ですが(笑)、去年の総括とかまったくしてないんだけど、

「2010 名古屋公演があったら行ったのに…」トップ3は
・オーヴァーキル
・ポール・ディアノ
・ユーライア・ヒープ

です。
あとは、アクセプトとリジー・ボーデンかな。

あ、アクセプトの新譜は聴いてないです。汗(やべっ!)
-- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます --
処理 記事No パスワード


こちらもどうぞ。 ■まったり雑談BBS■ ■Blog New World

-KENT WEB-   EDIT:benri memo