180838 [トップに戻る]
アイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie´s Bar」の掲示板。ゆっくり呑んでいってください。

ネタは自由です♪ ツリー表示・スレッド表示お好みで切り替えて下さい。

「BBS of the BEAST」はアイアン・メイデン・ファンサイト「Eddie's Bar」の掲示板です。
絵文字対応   携帯端末対応 [掲示板アドレスを携帯に送信]
[リストに戻] [新規投稿] [スレッド表示 ] [トピック表示] [ファイル一覧] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
ツリー全体一括表示

【さよなら、東京事変】 wickerman :2012/03/09(Fri) 17:40 [No;1996]

   さよなら、東京事変No.1996   投稿者:wickerman  
投稿日:2012/03/09(Fri) 17:40  
せんちねるさんに背中を押され(笑)、ちょっと書いてみます。
ちょっとずつ付け足していく予定。(あくまで予定!)

■3公演に参戦して。

これでもか!と詰め込んだステージ。
楽曲、衣装チェンジ、斎藤ネコオーケストラとの共演、OSCAのPVに登場するダンサーたち…などなど、東京事変のできること全てを詰め込もうとしたショウ。
時間が惜しい、とでもいうように、息つくまもなく展開していくので、ノスタルジーや悲しみにひたる暇もない。
兎に角ポジティブなエネルギーに満ち溢れたショウ。

それは、最後の最後、“出航”でテープ投げ、メンバーの旅立ちを見送るまで途切れることなく続いた。




プロジェクターやステージセットなど、デザイナーや裏方さんの仕事ぶりが凄い。
次々と変わるメンバーの衣装、その間を埋めるプロジェクターなどのビジュアルイメージ。
降ってくる紙吹雪は知らないうちにお札に変わっていたり、当日のものと思われるライヴ映像が巻戻しされていったり、という想像を超えた演出も。

ステージ裏では大変なことになってんだろうなあ(笑)、と後から思う。



唯一残念だった点をあげれば……メンバー紹介のナレーションが素人過ぎたところかな。(苦笑)

   ■横浜2日目(公演2日目)No.1996 >>No.1997   wickerman  
- 2012/03/09(Fri) 17:41

本ツアーへ初めての参戦。

とにかく、最初の怒涛の3発は凄かった。
「生きる」(名曲!)に始まり、前回ツアーではクライマックス的な盛り上がりだった「新しい文明開化」を惜しげも無く2曲目に披露。
この曲のハッピーさといったら、究極だと思う。
ここ何年かで、最も自分をハッピーな気分にしてくれる。
(歌詞は置いておいて。)
「もうこの曲出しちゃって大丈夫なの?笑」なんて思った。

アリーナ天井から降ってくる紙吹雪も、単純な仕掛けながら盛り上がる。
自分はいわゆるスタンドな位置だったので、アリーナをうらやましく思う。

続く「今夜はから騒ぎ」も、新しい曲ながら既に定番曲のような盛り上がり。
遠くからでも紙吹雪がちょっと大きくなっているのに気づき、ピンときた。


「札束だな!」


それにしても、人間というのは(たとえ偽物でも)札束が降ってくると半狂乱になるもんなんだな(笑)。

デスノートのニアSPK本部脱出シーンを思い出したのは、きっと僕だけだろう!
俗物の出目川ディレクターの顔が目に浮かんだよ。。



とまあ、話逸れつつも頭の3曲でノックアウトされました。



数日前にここまで書いて「あと書けねーなー…」と止まってましたが、さっき読んだロッキン・オン・ジャパンの最新号に臨場感たっぷりに記載されていたので、あとのライヴレポートは、僕が拙いことを書くよりはロキノン読んでもらうといいかと。

各種ステージ衣装を、ええ感じでとらえた写真も素敵☆ですんで。



総じて、親記事にも書いたけど、兎に角ポジティブなエネルギーに満ちた、そして全速力で長距離を走りきったようなショウでした。

我々ファンが悲しみにくれることを、椎名林檎も男性メンバー達も望んでいないはず。
そんな風に思えるショウでした。

「さよならは笑顔で!」

とでも言いたそうな写真がロッキン・オン・ジャパン最新号で見られるので、是非。


つづく。(はず)


-- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます --
処理 記事No パスワード


こちらもどうぞ。 ■まったり雑談BBS■ ■Blog New World

-KENT WEB-   EDIT:benri memo